結婚で失敗したくないのなら。

結婚を失敗に終わらせないために必要なことは、彼氏の性格や生活力だけではなく彼氏の両親や兄弟に至ってまでどういう人物か見極める必要があります。
結婚する当人同士が気があって愛があって幸せならそれでいいのよ、なんて甘い考えはまさに愚の骨頂。

数年後、後悔すること間違いありません。
そう言い切れるのは私がそうだからです。
結婚で一番気持ちが盛り上がっている時期は、相手の両親や兄弟のことなんて二の次になっていると思います。

でも冷静になって考えてみてください。
彼氏の両親や兄弟に非常識な考えの人はいませんか?
厚かましいと思われる人はいませんか?
パチンコなどのギャンブルをする人はいませんか?
何かあったらすぐお金を貸してという人はいませんか?
最低限、これらは確認してから結婚してください。
私が結婚に失敗したと思う要因がすべてこの項目に詰まっています。
何かにつけて旦那にお金を貸してと言ってくる両親、厚かましい義姉、パチンコ好きな義兄に悩んでいるんです。
自分自身とこれから授かるかも知れない我が子の幸せを考えるなら、相手の家族をよく観察することをおすすめします。

婚活のポイントについて

婚活してみてわかった大切なポイントがあります。

それは、自分のキャラクターをつかめるかどうかということ。

婚活するーっ!って言い出してから、とにかくたくさん人の集まる場所に行きました。
色んな男の人と知り合う中で、「気に入られる男性のタイプ」が定まっていくように感じるんです。

自分に興味関心を抱いてくれる人の共通点がわかってきたら、「自分の売りにすべきポイント」とか、「人にどう見られがちなのか」がわかります。

要は、こういう男性が集まりやすいところに行けば相手が見つかりやすいんだと思う!という特徴を絞り出すこと。
男性の好みを絞るのではなくて、「自分がどんな男性にモテるのか、ウケるのか」という点を絞るんです。

例えば、美術館なんて興味なさそうな理系の男性に話しかけられることが多い女性が、絵画展で出会いを求めたって確率は下がりますよね。

好まれる男性のタイプがわかると、類は友を呼ぶ、自分もこんな感じのオーラ出しているんだなということがわかります。
寄ってくる異性が気に食わないなら、自分を変えるしかないんですよ。

再婚に向けて始めた婚活パーティー

以前再婚に向けて、バツイチの婚活ということで色々やっていましたが
その中でバツイチ用のお見合いパーティーに出たことがあります。
いわゆる集団お見合いですが、男女30人ずつが
一人あたま3分程度会話をしながらぐるぐると回るのです。

そして最後に気に入った人の番号を書いて提出し主催者がチェック。
相思相愛であればカップル成立という仕組みでした。
30人も次々相手が変わるので、正直誰が誰だかわからなくなりますし
最初の方に話した人は記憶に残らなかったりします。
人それぞれ話す内容も変えなければなりませんし
話題を探りながら話をするという作業になるので異常に疲れます。

30人分繰り返すとくたくたになります。
話が盛り上がる人もいるのですが
隣に座るなり挨拶もなしにいきなり「年収は?」と聞いてくる人、
「外見がタイプじゃないから話してもムダですね」と言って3分間黙ったままの人など
いろんな人がいました。
会わない相手と3分は永遠のように感じるくらい長いものでした。
結局、アプローチもあったりしたのですがカップル成立とはならず
残念でしたがいい経験になりました。
バツイチ婚活頑張ろうと思います!